• 少子化対策でベビーシッターやリフォームがお得に

    2016年3月31日に交付された、平成28年度税制改正によって、子育てをして居る世帯に対しての、税の優遇措置が行われています。



    出生率を向上させる為に政府は、リフォームやベビーシッターに掛かる費用などの、いくつかの条件に当てはまる場合、子育て世帯の税額について所得税の控除や、非課税措置の対象となる項目の明確化などを行なっています。

    本当に役に立つエキサイトニュース情報選びをサポートします。

    所得税の控除が行われるのは、3世帯同居の為にリフォームを行う世帯に対してです。子育て世帯が理想的な子育てをする環境は、と言う調査を行なった結果、親世帯との同居が望ましいと言う回答が多く見られた為です。

    政府はこの回答を参考に、3世帯同居の為のリフォームを行う世帯に対して、リフォーム代やリフォームの為のローンの費用を、所得税から控除する形で減税しています。

    ベビーシッター情報ならこちらをご利用ください。

    費用に関しては最大250万円までの内の10%の、25万円が控除されます。
    ローン費用の場合は、適用されている年の年末のローン残高の内、最大250万円までの2%が所得税から控除されます。

    これが最大5年間適用されて、最大控除額は62.5万円です。


    適用期限は平成31年6月30日までとなっている様です。また結婚や妊娠・出産そして子育てについてのお金を、一括贈与する場合の贈与税の非課税項目が、この改正によってより明確化されました。
    結婚資金や出産資金、ベビーシッターを雇う費用などを、親が子や孫の金融機関口座に振込む場合、ある一定の金額が非課税になる項目があります。
    挙式費用や新居の住居費、引越代や不妊治療費、出産費用や産後のケア費用、生まれた子供の医療費や保育費用などがその項目に当たります。
    保育費にはベビーシッターを雇う費用も含まれます。


    総額で1、000万円まで、この内結婚に関わる費用は300万円までが非課税の対象です。